//海外より工場視察

海外より工場視察

松きのこの里の松きのこは香港のザ・ランドマーク マンダリン オリエンタルのレストラン、アンバーで採用されております。香港の一流レストランは、世界各地から空輸された最高級の食材しか使用しないそうです。アンバーはアジアのベストレストラン50のうち、2016年には第4位にランクインしたレストランです。このたびシェフのマキシムさんが久留米の工場へ視察に訪れました。

一点一点手作業で管理されている松きのこを見て、写真を撮って入念にチェックしています。

きのこが生まれる前の培養室。なかなか見られない光景に驚かれていました。

工場で採れたての松きのこと松きのこのディップ、松きのこの極みの試食タイム。新鮮な松きのこを撮影中

松きのこの芳醇な香りを確かめるオランダ人のレストラン支配人。試食タイムになると皆さんプロのシェフの鋭い眼差しになりました。

生で食べられる松きのこを堪能し、非常に珍しがられていました。

フランス人シェフのマキシムさんは、松きのこのディップを口にし、「Super Nice!」と3度コメントされました。香港でも超一流のレストラングループLe Comptoire(ル・コントワール)が、2月に新しくオープンするレストランで、この松きのこをぜひ使用したいと話していました。

Le Comptoire(ル・コントワール)

 

2018-04-22T21:24:47+00:00 2017年12月28日|お知らせ|